インターネットCMで集客効果

インターネットCMとは

インターネットCMの定義

インターネットCMは最近まではっきりした定義がなく、ぼやっとした曖昧なものでした。 そのことによって、コンテンツ権利者など、管理者の間で、混乱や誤解が起こってしまうのではないかと懸念されたため、インターネット広告推進協会(JIAA)によって、以下のように
インターネットCMの定義が決められました。

・インターネット、携帯電話を含めた通信回線上での広告主が管理するサイトを除いたサービスの広告スペースで広告主の広告やマーケティングを目的としたもの。

・テレビのCMと同様に時間軸で展開され、映像および音声(ミュージック・ナレーション等)を使用した広告

・配信方式にはユーザー側の端末にデータを残さずに再生するストリーミング方式とユーザー側の端末にテータをダウンロードして再生するダウンロード方式とがある。

しかし、これはコンテンツの提供者によって許諾条件が異なってくるため、これらを区別して明記していなければならない。 ネットCM、ストリーミング広告、リッチバナー、動画広告など配信方法の違いによって様々な呼び方がありますが、上記の条件を満たす広告はすべてインターネットCMとして認められるようになりました。

インターネットCMのメリット

他のネット広告は静止画像による広告ですが、インターネットCMは動画による広告なのでユーザーに対し印象をより強く残すことができる点が一番のメリットといえます。やはり、頭に残る広告の傾向としてテレビCMが頭に残りますよね?インターネットCMはテレビCMに近い形での広告なのでその効果は大きいと言えるでしょう。

インターネットCMで扱われるコンテンツ

現在のインターネットCMで扱われるコンテンツは以下に述べる3種類に分かれます

②テレビCMと同じコンテンツ

テレビで放送されたCMをそのままインターネットCM用に加工したものです。最も手軽な方法といわれ、テレビCMを見ていない層に配信することによって、CM効果を広げていくことができます。

③テレビCMより長い時間でのCM

インターネットCMではテレビCMと比べ長くて3分ほどの時間を使うことができます。テレビCMは大体15秒から1分ですので、より長いCMが可能になります。テレビCMの補足として使えますので、より詳しい情報、魅力をネットユーザーに伝えることができます。より多くの関心を持ってもらうことで、広告の効果としてさらに効果的と言えます。

インターネットオリジナルCM

まさに、読んで字の如くです、まだメディアに出ていないCMをインターネット限定で配信広告する方法です。 最近でも某車のインターネットCMなどが人気で、そこに出ているキャラクターはどこに行っても見られるようになりました。 テレビCMのスピンオフを作っているところも多いです。このようにネットユーザーの心を確実に掴むことによって、広告効果を促進させることができるのです。

インターネットCMは最近頻繁に見られるようになりました。また、インターネットCMのニーズが多くなってきましたので、インターネットCMを作る業者も多く普及してきたようです。企業で、より高い広告を望むならば、他の広告と併用してインターネットCMをしてみるのもいいと思います。

アフィリエイト広告の効果とは

①集客力の向上が見込める

ウェブ上には多くのブログが存在します。ブログを投稿しているブロガーには数多くのアフィリエイターがいます。アフィリエイターとは商品広告を載せることによってお金をもらっているユーザーのことを指します。アフィリエイターのブログに広告を載せるということは、それだけ商品の露出が増える言うことです。露出が増えれば当然集客効果が見込めます。

②成果報酬型だから費用対効果が見込める

アフィリエイト広告は成果報酬型の料金形態になっています。 商品によって、その成果地点は違いますが、その成果地点を達成した時にだけ料金が発生する仕組みです。 例えば、成果地点がサイト広告をクリックされたときだとすると、サイトが表示されるだけでは料金は発生せず、クリックされたときのみ料金が発生します。ワンクリックにつき1円だとすれば、月に400クリックされた場合、400円の費用がかかるということです。 このような料金形態のメリットは費用対効果が見込めるということです。 アフィリエイト広告をクリックするユーザーは、ブログなどの記事を見て既にあなたの商品に興味を持っていると言えます。 そのような質の良いユーザーを集めることができますのでコンバージョンにも繋がるのです。つまり広告費用に対して売り上げが多くなるので、費用対効果は良いと言えるのです。

③広告費のコントロールが可能

アフィリエイト広告では他の広告と違い、今どれだけ広告費がかかっているかをしっかり把握することできます。 広告費に対して、なかなか効果が見込めないときには、バナーやランディングページの改善をすることによって効果を上げることができます。このようにアフィリエイト広告は広告費のコントロールをすることができます。 費用対効果の向上には費用の管理は必須です。ですからアフィリエイトは高い費用対効果をキープすることができるのです。他のネット広告は静止画像による広告ですが、インターネットCMは動画による広告なのでユーザーに対し印象をより強く残すことができる点が一番のメリットといえます。やはり、頭に残る広告の傾向としてテレビCMが頭に残りますよね?インターネットCMはテレビCMに近い形での広告なのでその効果は大きいと言えるでしょう。

効果的なWEBプロモーション

効果的にWEBプロモーションを行うポイント

1.ユーザー視点に立ってニーズ、要望を徹底解析する
2.ユーザーが満足できるサービス(商品)の提供
3.他の媒体と併用したプロモーションを行なう

この3つを比べてお気づきになった人もいると思いますが、効果的WEBプロモーションにはユーザー目線になることが必須なのです。 サイトのアピールを押しつけるのではなく、ユーザーにあったアピールをすることが大切です。 では、1つずつ詳しく説明していきましょう。

1.ユーザー視点に立てニーズや要望を徹底解析する。

これは、効果的なWEBプロモーションを考える上での基本です。WEBプロモーションとしてオンライン広告を出すという場合が多いと思いますが、このユーザー視点に立った広告が出せなければ全く効果を出すことが出来ません。ユーザーは何を必要としているのか、ユーザーの間では何が流行っているのかなどを徹底解析し、そのキーワードに沿った広告をしていくことが大切です。

2.ユーザーが満足できるサービス(商品)の提供

ユーザーはキーワードを元にサイトに興味を持ちあなたのサイトを訪れます。当然ユーザーはそのキーワードに関した情報を期待しているはずです。ですから、ユーザーが求める情報がサイトに少ないという状況では簡単にユーザーはサイトから離脱してしまいます。ユーザーの離脱を防ぐことはサイト収益に大きく関わってくる問題です。いかに、ユーザーに合ったサービスの提供が出来るか、いかに離脱率を下げるかが大事なのです。 これらのことは一見基本的なことなので効果が見込めないのではと思うかもしれませんが、それは違います。良いサイトはよく売れるというのは定説です。 ですから、WEBプロモーションを効果的に施しユーザーから良いサイトと言われるようになることが大切なのです。

3.他の媒体と併用したプロモーションをかける

効果的WEBプロモーションとしてあげられるのが、クロスメディアによる広告力の向上です。 広告媒体は何もインターネットだけではありません。他の広告媒体から、サイトに誘導できれば大幅な集客アップが見込めます。また、広告の連携により長所・短所を補った広告プロモーションが可能になります。ユーザーのことを考えてもより多くの情報をしっかり伝えられる広告方法なのでユーザー目線のWEBプロモーションといえるでしょう。

効果的WEBプロモーションについて話してきましたが、これらのことは一見簡単そうに見えて意外と難しいものです。ですから、一般的には広告代行会社などに頼むケースが多いと聞きます。確かに広告代行会社にWEBプロモーションを依頼することは効果的ですが、自分自身WEBプロモーションについて考えることが出来なければ、まかせっきりのプロもションとなってしまいます。それではあなたの会社に本当にあった効果的WEBプロモーションは出来ません。しっかりとWEBプロモーションとは何たるかをしっかり把握した上で、広告代行会社に依頼することをお勧めします。

次世代広告リンクアド

マウスを載せるだけで画像・動画が表示される新しい広告リンクアド

画像や動画を使った広告と言えばフラッシュやバナー広告が有名ですが、近年ではこれらとは違う全く新しい広告形態が目立つようになってきました。その広告は「リンクアド」と言い、特定のキーワードテキストに対してリンクを貼り、そのテキストにマウスオーバー(マウスカーソルをテキストの上に載せる)するだけで広告画像の表示、また動画を表示するという画期的なシステムとなっています。

リンクアドの特徴とメリット

①ウェブページの記事中のキーワードに広告情報を配信する
②キーワードにオンマウスした時に広告の概要情報を表示する
③興味や関心に合わせて動的に良質の広告・情報を配信できる
④その操作情報から表示された広告の品質を評価する
⑤バナーに占領されない記事中心のコンテンツ表示ができる
⑥マウスの動作等の閲覧操作情報を自動的に取得する
⑦概要情報を見た読者は安心してリンクをクリックできる
⑧その評価情報を元に掲載広告に課金する

リンクベータによる実証実験

運営会社

商号 : リンクアドLLC 英文表記:LinkAd LLC
商標 : リンクアド(登録第5179805号)
特許 : 出願中(特願2009-13738)
設立 : 2010年3月1日
代表 : ソウダヒロシ

事業内容 : 消費者と広告主の利益に貢献するウェブ広告配信システム「リンクアド」の普及を推進する下記の業務

1. リンクアドの改良に関する研究
2. リンクアドの改良に関するプログラム開発
3. リンクアドの市場導入に関するコンサルティング
4. リンクアドの市場導入に関する販売促進
5. 広告代理店に対する販売促進
6. 商標リンクアドのライセンス販売
7. 特許リンクアドのライセンス販売

本社 : 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-3-2-102
お問い合わせ : info@linkad.jp

プライバシーポリシー

■ 個人情報の取り扱いについて
個人情報の取得および利用:当社は、個人情報を取得する場合には利用目的を明示し、 その目的達成に足る必要範囲内で適正に取得させていただきます。 また個人情報を利用するにあたっては、利用目的の範囲内の利用のみとし、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。

個人情報の管理と保護:個人情報の管理は厳重に行い、お客様にご承諾いただいた場合を除き、第三者に開示、提供することはございません。 また個人情報に関する不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩を防ぐために適切な予防措置及び安全対策を講じます。

個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去:当社がお預かりするお客様の個人情報に関して、 お客様が個人情報の確認、訂正等を希望される場合には、速やかに対応させていただきます。 尚、各種手続きに際してはご本人である事を確認させていただく場合がございます。

社内体制と継続的見直し:当社は、個人情報の取り扱いに関して社内規定に明記し 、規約を具体化するために、業務遂行の上で必要となるルールを策定するとともに部門毎に管理者を置く等、 個人情報保護を遵守する体制を構築いたします。また、この体制が、有効かつ適正にしかも持続的に機能するよう、 継続的な見直しと改善を計ってまいります。

社内教育:当社は、社員に対して個人情報保護についての教育訓練を行い、 全社員が個人情報を適正に運用出来る知識と意識を高めていきます。

法令等の遵守:リンクアド LLC は、個人情報保護法その他関係法令、及びガイドライン等を遵守いたします。

■ プライバシーポリシー
個人情報の適正な取得:リンクアド LLC は、個人情報保護法に則り、 偽りその他不正の手段なく個人情報(氏名、電話番号、メールアドレス、等)を取得させていただきます。 また公開もしくは市販されている媒体物等から、個人情報を取得する場合にも、適正な情報を入手しております。

個人情報の利用目的:当社が取得した個人情報は原則として以下の目的に従い、利用させていただきます。
当社が行う広告配信サービス LinkAd において円滑なサービス提供を行うため。
ii.LinkAd に関する各種情報を提供させていただくため。

個人情報の提供、預託:
当社が収集するお客様の個人情報については、ご本人または保護者の許可なく第三者に提供することは、一切ありません。
ただし、法令および行政からの協力要請に基づく要求があった場合はこの限りではありません。
業務の全部または一部を外部に委託する際に、委託先に個人情報を預託する場合があります。
業務委託先の選定については、個人情報保護水準を満たしていることを条件とし、 秘密保持契約を締結した上で業務委託ならびに監督を行っています。

情報の開示、修正、削除:
お客様からお預かりしている個人情報の開示について、ご本人または保護者から請求をいただいた場合はすみやかに開示いたします。
当社が保有する個人情報について、訂正または削除のご連絡をいただいた場合は、すみやかに当社にて責任を持って訂正または削除をさせていただきます。
開示、訂正、削除にあたっては、ご本人以外に個人情報を開示することを避けるために、本人確認の手続きをさせていただきます。

個人情報に関するお問合せ窓口
   リンクアド LLC
  〒102-0074 東京都千代田区九段南 3-3-2-102 info@linkad.jp

お問い合わせ